シ ス テ ム
(ご成婚までの流れ)

私達は現地の結婚相談所に頼るような「他人まかせ」のシステムは行っておりません。
全て自社の責任で行っております

1.結婚費用
日中ブライダルプランニングでは結婚のサービスの進行の段階に応じて、3つの段階を踏んでお支払いいただきます。お相手希望者を自由に選んでもらい、メールで事前にお互いを知りることが出来ます。ここまでは一切無料となっております。*メール交換、カウンセリング、写真・お見合い情報資料提供等
入会費など一切頂いておりません

1.お見合い訪中費用(第一回目訪中・3泊4日) → 400,000円
..お見合い御成功後、結婚準備金として → 300,000円
3.結婚手続き、結婚式等(第二回目訪中・7泊8日) → 1,400,000円

    
合計費用=@+A+Bで 2,100,000円 (消費税込み


2.国際結婚をする為の資格
 女性会員達は書類選考、面接での中から選ばれた女性達です。一人一人対面し、御家族を交えて話し、当社の納得した女性しかおりません。多くの女性達の中から厳選し、結婚に真剣な女性達ばかりです。おそらくここまで厳しい面接をしているのは弊社だけです。
 女性達も真剣に結婚に望んでいるのですから、男性側も誠意を持ち真剣に考えて下記の事をお守り下さい。


1.安定した収入のある方
2.ギャンブル癖のない方
3.本人を含め家族全員が民族差別をせず、国際結婚を認めている。
4.精神病など重度の障害や重度の病気(ガンなど)のない方
5.普通の結婚生活を営む事が出来る方
6.消費者金融などの銀行以外の金融機関での借金のない方。



3.申し込み方法
電話、ファックス、Eメールでのお申込みを受け賜ります。後ほど当社スタッフと直接お会いして条件その他を決めましょう。

@「結婚相談希望」と明記していただき、名前、住所、連絡先(電話番号、ファックス番号、Eメールアドレス)などお知らせください。追って当社スタッフがご連絡いたします。


Aお顔や全身像がハッキリとわかる、ご自身のお写真、ご家族やご自宅とその周辺の写真をそれぞれ5〜6枚程度お預かりします。なるべく最近撮影されたものをお願いします。
免許証か健康保険証の写しをご確認させていただきます。

B面接時、結婚後も同居予定のご家族がいらっしゃれば、できるかぎり同席をお願いします。

Cお預かりした資料は、直ちに現地へ送らさせていただきます。


4.女性会員の選択
@登録時に当会が保有している女性の資料をご覧いただき、その中からお見いを希望する女性をお選び頂くことが出来ます。女性側からのお返事は1〜3日間程度でお伝え致します。

A
お預かりした資料を現地へ送り、ご希望の沿った女性をお選びすることも出来ます。この場合には、2〜4週間程度で女性の資料をご覧いただけます。この場合は、先方の女性のお返事はOKのものとお考え下さい。

B
女性資料の中から、お見合いを希望される複数名に希望順位をお付け下さい。通常1名〜5名程度お選び頂いてます。

C
この間に、パスポートをお持ちでない方、有効期限が1年未満となっている方はその用意(取得・更新)をお願いします。


5.訪中の準備
 基本的に計2回の訪中をしていただきます。一回目はお見合いで3泊4日で、2回目は現地での婚姻手続きと現地結婚式で7泊8日となります。早めにお仕事の休暇の手配等を事前に取っておきましょう。また、御家族の方や知人も同行する事も可能ですが、お一人に付き一回目は20万円、2回目は25万円の別途費用を頂きます。

@訪中日程のお打合せを行います。航空券、現地ホテルの予約は、第1回目のご入金後に行います。季節によってはご希望の日程が確保できない場合もありますので、あらかじめご承知おき下さい。特に年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時期には2ヶ月前位の予約が必要です。

A女性達へのチョットしたお土産をご用意されると良いと思います。

Bその他特別な準備は必要ありません。

C
航空券の手配は当社が行います。


6.一度目の訪中、お見合い
 中国訪中の際は日本人担当者と現地スタッフがお世話させていただきます。言葉の心配などは無用です。細かいことでも、遠慮なくご相談下さい。

@
お見合いをします。その場合女性の気持ちを考え、優しい気持ちで常に笑顔を見せて暖かく接してあげましょう。又てきぱきとした行動力を心がけましょう。
お見合いは、通訳やスタッフが同席しますので、納得するまでお話し下さい。
必要に応じてスタッフもお話しに加わります。


Aその女性と夕食を済ませるまで同行します。そこで、男女双方が婚約に合意した場合には、以後のお見合いは打ち切り、お二人で市内観光を兼ねたデートに出かけていただき、コミュニケーションを深めていただきます。日本人女性とデートする時と何ら変わらず、ファースト・デートだと常に意識していれば、この段階で失敗するようなことは決してありません。

B
男女双方の合意があれば、帰国までに婚約していただきますが、その場での結納のようなものはありません。口頭でのお約束となります。また、女性に安心していただくために、次回の訪中の大体の日取りをお約束して下さい。

C帰国後も頻繁にメール交換や連絡を重ねて下さい。メールや翻訳は私共で行います。


7.結婚手続き準備
@帰国後、現地での婚姻手続きに必要な、戸籍謄本等各種書類を男性ご自身で取得していただきます。
詳しくはその都度お教え致します。2回目までの訪中までには1ヶ月程度とお考え下さい。

A
2回目の訪中日程を打合せをさせて頂きます。
第1回目同様、2回目渡航費用のご入金後に、航空券の予約を行います。

B
女性へのアクセサリー類のプレゼントや、ご家族へのお土産等をご用意下さい。


8.2度目の訪中、結婚手続き
@現地での婚姻手続きをしていただきます。平日2〜3日間要しますが、すべてスタッフがお世話致します。

A婚礼衣装(貸衣装)による記念撮影、女性の家族を招いての略式結婚式と披露パーティを行います。
式は日本とは異なり、堅苦しいものではなく、食事会とお考え下されば結構です。


B
中国側婚姻手続き終了後、日本側の婚姻手続き及び女性の入国に必要な書類は、帰国時にお持ち帰りいただくように致します。

C
日程に余裕があれば、1日〜2日ですが、現地周辺で簡単な新婚旅行をしていただくことも可能です。

D
帰国後も、女性の来日までは、頻繁にメール交換や連絡をするように心がけて下さい。
メール交換のように翻訳は私共がいたします。


9.帰国後の女性の来日手続き

@結婚証明書を添付し、女性の入国の申請書類を入国管理局へ提出することになりますが、その手続作成は私どもが作成、またはご説明いたします。

A
関係省庁から入国許可証が出来次第、必要書類を女性に送付し、中国側の手続を行います。2回目(結婚式等)の帰国後速やかに手続を済ませていただければ、その後2ヶ月程度で来日できるようになります。

B
女性の入国後市町村役場で婚姻手続及び外国人登録書の手続が必要になります。


10.花嫁の来日準備
@すべての手続きが完了した段階で、女性の来日日程を決定いたします。来日の際には、原則として空港までのお出迎えをお願いします。

A
来日するにあたり、女性には花嫁道具類は一切日本へ持ってこないようにお願いしております。
数日分の着替え類やその他、身の回りの品だけとお考え下さい。

B来日直後少なくとも1日〜3日は、男性にも休暇を取っていただき、女性と一緒に過ごせるように努めて下さい。

C日本人の友達を沢山作ることが出来るようにしてあげて下さい。

D女性側の気持ちを考え、暖かく優しい気持ちで常に接してあげましょう。家族の思いやりも大切です。

E一生お付き合いさせて頂きます。どんな事でも結婚生活の事でも、何かありましたらいつでもご相談下さい。


                

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー